朧(おぼろ)に霞(かす)む春の月 この想い風と舞い散れ
朦胧春月下 思念随风飞散

宵の空に淡(あわ)く融(と)けて消え行く 數多(あまた)の追憶(ついおく)
许多追忆 淡淡消融于夜空

夢 微睡(まどろ)んで誘い込まれ行く
微睡间 坠入幽梦

時の無い部屋 ただ見つめるだけ
只是注视着 无岁月流逝的屋子

哀しむ事に疲れ果てて尚
疲于伤事

屆かぬ聲を呟く唇
无法传递之声却依然溢出唇角

儚い熱を追い求めては今も亂れるこの世に
若太过执着追寻虚幻之影

逃れる術(すべ)を探すばかりの
今日也不过是颗一味寻找遁离这混世之路的

孤獨な星
孤独之星

永久(とこしえ)に続く路(みちなら
若这条路永无尽头

何時迄も待つ理由(わけ)も無く
此刻便再无等待的理由

憎まずとも朽ち果てられる筈と
平静地舍弃朽烂如斯之今日

今を捨て生きる
从头来过

夢 醒めて行く 光明(ひかり)が目を射す
梦终于醒来 双目沐浴于光芒中

花 舞う様(よう)に 涙はらはらと落ちた
泪如花舞 悄然落下

散り行き踏まれ塵となっても
就算扬散为任人践踏的尘埃

何時かまた咲き誇れば
若是再开

貴方の胸を彩る桜になれますか
是否就能成为绚烂于你心田的那片粉樱

染み渡る心の滴(しずく) 穢れは未だ取れぬままで
浸透于心间的点滴 依旧肮脏

他の誰を愛する事もなく
未再爱上其他任何人

時だけが過ぎ去る
任岁月流逝如是

問いかけた言葉は 虛空(こくう)に消え
已询探的话语 消逝在虚空

朧に霞む春の月 この想い風と舞い散れ
朦胧春月下 思念随风飞散

宵の空に淡く融けて消え行く 數多の追憶
无数追忆 淡淡消融于夜空

屆け 夢現(ゆめうつつ)に托すこの願いの花を
请带去吧 带去那寄于迷梦与现世中的祈愿之花

宵の空に浮かび寂しげに輝いた朧月
悬挂在夜空中寂寞地辉耀的这轮朦胧之月啊